度ありカラコン > 基礎 > 安全にカラコンを使うための正しい保存方法

安全にカラコンを使うための正しい保存方法

Pocket

黒目を大きく見せたり、黒目を様々なカラーに変えることができる、カラコンは画期的なアイテムですが、瞳に直接入れる物なので間違った保存方法をしていると、目に大変に危険が及びます。
そのため、安全にカラコンを使用するために、正しい保存方法についてご紹介していきます。

カラコンを瞳から取り外す前に絶対にしていただきたいのが「手洗い」です。
カラコンを取り外し、洗ったりするので、まず手を清潔にしておきましょう。

手洗いした手で、カラコンを取り外します。
その際に、爪でレンズや瞳を傷つけないようにすることと、カラコンを折り曲げないように気を付けてください。
折り曲げることにより、カラコンが変形したり破損しやすくなってしまいます。

取り外したカラコンは洗浄液で洗います。
水道水など絶対に使用しないでください。
水道水で洗ってしまうと、カラコンの変形など引き起こしてしまいます。
必ずコンタクト用の洗浄液で洗いましょう。
カラコンを手のひらに乗せて、指でやさしく洗います。
両面しっかりと洗いましょう。

洗い終わったら、洗浄液ですすぎます。
洗浄液はケチらず、しっかりすすいでくださいね。
洗った汚れを落とすようなイメージで洗浄液ですすいでいきます。

そして、レンズケースにカラコンを入れておきます。
レンズケースにはコンタクト用の保存液を入れておき、そこに浸けておきましょう。
しっかりとフタをしめて完了です。

レンズケースは、カラコンを使用するたびに洗浄しておきましょう。
カラコンを取り出したら、水道水でしっかりと洗い、ふたを開けた状態で乾燥させてください。
また、レンズケースは長くても3か月程度で交換するように心がけましょう。

カラコンの正しい保存方法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
正しい保存方法によってカラコンを安全に使用できるだけでなく、カラコンの変形などを防ぐことができます。
デリケートな瞳に入れるものですから、正しい保存方法、使用期限を守って、カラコンを楽しんでくださいね。

カテゴリ一覧

基礎

人気

運営者情報 お問い合せ